SERIES / 櫛野展正連載 - 2015.12.28

櫛野展正連載:アウトサイドの隣人たち ①妄想スクラップ職人

クシノテラスやミュージアムに関する記事も多いスクラップブック。これまで誰にも見せることがなかったそうだ

ノートというより、もはやオブジェだ。最近は保存性の高いツバメノートを愛用している

最近は僕を追いかけ続けてくれている遠藤さん。「障害(仮)」展には、福岡から合計3回も足を運んでくれた

関係ない事柄を結びつける遠藤さんの「関連妄想」は、まさに紙面の上のキュレーション

毎日のように「関連妄想」を記した長文メールも届く。このスクラップブックと併せて眺めるのが楽しい

前へ
次へ
4 / 5
前へ
次へ
編集部