AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2022.6.4

近代の画家たちは自然をどうとらえたのか? 国立西洋美術館の「自然と人のダイアローグ」展でたどる芸術的展開

展示風景より、左からクロード・モネ《舟遊び》(1887)、ゲルハルト・リヒター《雲》(1970)

展示風景より

展示風景より、左はウジェーヌ・ブーダン《トルーヴィルの浜》(1867)

展示風景より、左はクロード・モネ《ルーアン大聖堂のファサード(朝霧)》(1894)

展示風景より、左からクロード・モネ《舟遊び》(1887)、ゲルハルト・リヒターの《雲》(1970)

展示風景より、左はカスパー・ダーヴィト・フリードリヒ《夕日の前に立つ女性》(1818)

展示風景より、左はヨハン・クリスティアン・クラウゼン・ダール《ピルニッツ城の眺め》(1823)

展示風景より、左からギュスターヴ・クールベ《波》(1870)と《波》(1870頃)

展示風景より、オディロン・ルドンの作品群

展示風景より、左はアクセリ・ガッレン=カッレラ《ケイテレ湖》(1906)

展示風景より、左はピート・モンドリアン《コンポジションX》(1912-13)

展示風景より、右はフィンセント・ファン・ゴッホ《刈り入れ(刈り入れをする人のいるサン=ポール病院裏の麦畑)》(1889)

展示風景より、エドヴァルド・ムンクによるリトグラフの連作「アルファとオメガ」(1918-19)

展示風景より、左からクロード・モネ《睡蓮、柳の反映》《睡蓮》(いずれも1916)

展示風景より

展示風景より

前へ
次へ
10 / 16
前へ
次へ
編集部