AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2022.2.19

西船橋に新ギャラリー「Kanda & Oliveira」が誕生。こけら落としで会田誠、マッギンレー、森村泰昌など企業コレクションを展示

展示風景より、左から宮永愛子《life》(2018)、塩田千春《Skin》(2020)、ライアン・マッギンレー《Taylor (Black & Blue)》(2012)

「Kanda & Oliveira」の外観

「Kanda & Oliveira」の外観

展示風景より、左からヴィヴィアン・ホー《刹那的光輝不是永恆 Forever is a lie always》(2018)、堀越達人《Ghost》(2010)、青木美歌《Bergaberg》(2015)

展示風景より、左が会田誠《滝の絵》(2007-10)の下絵(2006)

展示風景より、青木美歌《Bergaberg》(2015)

展示風景より、左から中園孔二《Untitled》(制作年不明)、アブデルカダー・ベンチャマ《Engramme - Fata Bromosa》(2021)

展示風景より、左から堀越達人《Imagination(She`s hearing mountain voice)》(2015)、田中武《咲き乱れる情報》(2021)

展示風景より、森洋史《Invincible Girl》(2017)

展示風景より、森村泰昌《烈火の季節(もうひとつのアサヌマ)》(2006)

展示風景より、左から工藤麻紀子《かれ山》(2017)、志賀理江子《Bethany》(2005)

2階バルコニーからのぞむ3階

展示風景より、左から久松知子《日本の美術を埋葬する》(2014)、加藤泉《Untitled》(2018)

展示風景より、久松知子《日本の美術を埋葬する》(2014)

展示風景より、ライアン・マッギンレー《Taylor (Black & Blue)》(2012)

展示風景より、左から加藤泉《Untitled》(2018)、梅津庸一《死霊がわたしを見ている Ⅱ》(2017)

展示風景より、宮永愛子《life》(2018)

展示風景より、左から塩田千春《Skin》(2020)、《State of Being(Dress)》(2019)

展示風景より、左から会田誠《滝の絵》(2007-10)の下絵(2006)、ヴィヴィアン・ホー《刹那的光輝不是永恆 Forever is a lie always》(2018)、堀越達人《Ghost》(2010)

前へ
次へ
3 / 19
前へ
次へ
編集部