AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2020.1.17

アーティゾン美術館がついに開館。新収蔵品もお披露目

アーティゾン美術館外観

アーティゾン美術館が入るミュージアムタワー京橋

アーティゾン美術館外観

2階のミュージアムショップ

3階のエントランス

3階から5階までを貫く吹き抜け

ボディスキャナー

開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」第1部。手前はエドゥアール・マネ《自画像》(1878-79)

第1部の展示風景より、手前はピエール=オーギュスト・ルノワール《すわるジョルジュエット・シャルパンティエ嬢》(1876)

第1部の展示風景より、左から青木繁《海の幸》(1904)、ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》(1904-06頃)、オーギュスト・ロダン《立てるフォーネス》(1884頃)

左から、新収蔵のヴァシリー・カンディンスキー《自らが輝く》(1924)、コンスタンティン・ブランクーシ《ポガニー嬢Ⅱ》(1925、2006鋳造)

「装飾」の展示風景

左が《幾何文台付鉢》(紀元前4000)

「聖俗」の展示風景より、手前はアルベルト・ジャコメッティ《ディエゴの胸像》(1954-55)

「聖俗」の展示風景より、《洛中洛外図屏風》(17世紀)

「記録」の展示風景より

清水多喜二による石橋正二郎のブロンズ像

前へ
次へ
5 / 17
前へ
次へ
編集部