AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2020.1.11

太田記念美術館で「肉筆浮世絵名品展―歌麿・北斎・応為―」が開幕。注目は葛飾北斎・応為の父娘共演

展示風景より、葛飾応為《吉原格子先之図》(1818〜60頃)

展示風景より、葛飾北斎《雨中の虎》(1849

展示風景より、左から、葛飾北斎《雨中の虎》(1849)、葛飾応為《吉原格子先之図》(1818〜60頃)、喜多川歌麿《美人読玉草》(1789〜01頃)

展示風景より、喜多川歌麿《美人読玉草》(1789〜01頃)

展示風景より、左から岩佐又兵衛《小町図》(1637〜50頃)、菱川師宣《遊女物思いの図》(1688〜1704頃)、菱川師秀《美人遊歩図》(1688〜1704頃)

展示風景より、宮川一笑《吉原正月の景》(1716〜36頃)

展示風景より、左から鈴木春信《二世瀬川菊之丞図》(1764〜72頃)、 礒田湖龍斎《雪中美人図》(1772〜81頃)



展示風景より、左から《日光山裏見ノ滝》、《日光山霧降ノ滝》、《日光山華厳ノ滝》(1849〜51頃)

展示風景より、河鍋暁斎《達磨耳かき図》(1871〜89頃)

展示風景より、小林清親《開化之東京両国橋之図》(1877〜82頃)

展示風景より

展示風景より、葛飾北斎《風俗三美人図》(1798頃)

展示風景より、喜多川月麿《美人花見の図》(1804〜18頃)

前へ
次へ
2 / 13
前へ
次へ
編集部