AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2019.4.20

彫刻としての茶道。トム・サックス「ティーセレモニー」を東京オペラシティ アートギャラリーで体験する

会場風景。奥に見えるのが《Tea House》(2011-12)

トム・サックス

「THEATER」の展示風景

「THEATER」に並んだ《NASA Folding Chairs》

「CORRIDOR」の展示風景

展示風景より、手前から《Narrow Gate》(2018)、《Torii(Middle Gate)》(2015)

《Pond Berm》(2016)

《Pond Berm》(2016)で泳ぐ鯉

「OUTER GARDEN」の展示風景。左は《LAV 3》(2014)

展示風景より、手前は《Shoburo》(2012)

展示風景より、《First Tea on Mars》(2015)

展示風景より、《Large Chawan Cabinet》(2014)

展示風景より、手前から《Bonsai》(2015)、《Tea House》(2011-12)

茶会を行うトム・サックス。「茶会は我々がつくったものをどう使うかというデモンストレーションであって、パフォーマンスではありません」と語る

展示風景

前へ
次へ
8 / 15
前へ
次へ
編集部