AdvertisementAdvertisement
NEWS / PROMOTION - 2021.2.10

日本で2つ目のエスパス ルイ・ヴィトンが大阪に誕生。オープン記念展はジョアン・ミッチェルとカール・アンドレの2人展

展示風景より、左からカール・アンドレ《Draco》(1979-2008)、ジョアン・ミッチェル《Untitled》(1979)、《Cypress》(1980)

ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋

エスパス ルイ・ヴィトン大阪のエントランスにはフランク・ゲーリーによる「LV」サインが展示

展示風景より、ジョアン・ミッチェル《Untitled》(1979)

展示風景より、ジョアン・ミッチェル《Cypress》(1980)

展示風景より、カール・アンドレ《Draco》(1979-2008)

ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋

ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋

1階にはヴィック・ムニーズの絵画を展示

ウィメンズフロアのジェニファー・バートレット作品

ウィメンズフロアの個室ではポリー・アプフェルバウムの鮮やかな絵画が目を引く

メンズフロアのデイヴィッド・リード作品

メンズフロアの個室にはレコードを素材にしたグレゴール・ヒルデブラントの大作が展示

4階に設置されたオブジェ・ノマド「Cocoon」

LE CAFE Vには松岡亮の作品が展示

バーカウンターには小松宏誠の作品が天井で揺らめく
 

SUGALABO Vに通じる扉はルイ・ヴィトンのトランクでデコレーションされている

SUGALABO V店内に展示されている井田幸昌の絵画

前へ
次へ
6 / 18
前へ
次へ
編集部