NEWS / EXHIBITION - 2017.7.9

ダイアナ妃やフロイトも魅了した作家、吉田博の全貌に迫る! 「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」

明治から昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した吉田博(1876〜1950)の展覧会が、「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」で開催される。会期は、展示替えをはさんで前期と後期に分かれ、それぞれ7月8日〜7月30日と8月1日〜8月27日。

吉田博 穂高山 大正期 油彩 個人蔵

吉田博 穂高山 大正期 油彩 個人蔵

 福岡県に生まれた吉田博(1876〜1950)は、10代半ばで画才を見込まれ上京。94年に小山正太郎の洋画塾不同舎に入門し、99年には渡米して作品展を開催した。

吉田博 冬木立 1894〜99 水彩 横浜美術館蔵

 日本よりも早くから欧米で評価されてきた吉田。水彩画や油彩画といった幅広い作品のなかでも、とりわけ人気なのが、洋画の描写と浮世絵版画の技法を融合させた、独自の木版画だ。山岳画家としても知られた吉田の、自然への真摯なまなざしと確かな技術に基づく作品は、GHQのダグラス・マッカーサーやダイアナ妃、精神医学者フロイトをも魅了した。

吉田博 ヴェニスの運河1906 油彩 個人蔵
吉田博 瀬戸内海集 帆船 朝 1926 木版 個人蔵

 本展は、そんな吉田の画業を6つの章に分けて紹介。山野を掛け巡りながら写生をしていた少年時代から、さまざまな媒体を経て木版画へと至った後半生、1950年に亡くなるまでの作品を、一挙に公開する。日本近代絵画史にその名を残した作家の全貌に迫る、充実した内容の展示となっている。