NEWS / EXHIBITION - 2019.1.5

長島有里枝の個展が横浜市民ギャラリーあざみ野で開催。自身の短編集『背中の記憶』を軸に、写真とテキストの関係を探る

写真家・長島有里枝の個展「知らない言葉の花の名前 記憶にない風景 わたしの指には読めない本」が、横浜市民ギャラリーあざみ野で開催される。本展は、現代の写真表現を紹介してきた「あざみ野フォト・アニュアル」の2018年度企画。会期は2019年1月26日〜2月24日。

長島有里枝 シリーズ「本を感じる」より 2018

長島有里枝 シリーズ「本を感じる」より 2018

 長島有里枝は1973年生まれ。武蔵野美術大学在学中の93年、自身の家族のヌードを撮った作品で「アーバナート #2」展パルコ賞を受賞し、デビューを果たす。2001年には蜷川実花、HIROMIXらとともに第26回木村伊兵衛写真賞を受賞。最近の展覧会に「そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。」(東京都写真美術館、2017)、「Forever is Composed of Nows」(MAHO KUBOTA GALLERY、2017)などがある。

 本展の起点となったのは、08年から文芸雑誌『群像』に連載され、09年に単行本化された長島による短編集『背中の記憶』(講談社)。同書では自身の幼少時代を基にした物語が生き生きと語られ、四世代にわたる家族の記憶を丹念に拾い上げた自伝的作品となっている。

長島有里枝 索道,  ルツェルン, スイス 2007 

 そんな『背中の記憶』の点字による通読に応じた、ある全盲の女性との対話から得たインスピレーションを軸に構成される本展。長島が写真表現に対して抱き続けてきた疑問点をコンセプトの中心に据え、近作やインスタレーション作品のほか、未発表作品も展示される。

 写真とテキストをそれぞれ自立したものとしてとらえ、ふたつの新しい関係性を探る今回の個展「知らない言葉の花の名前 記憶にない風景 わたしの指には読めない本」。「家族」や「女性」のあり方への違和感をパーソナルな視点から問い続けてきた長島の新たな試みに、期待が高まる。

長島有里枝 名札付きの植物 #24 2008