NEWS / EXHIBITION - 2018.9.17

平山昌尚のドローイングをゲーム的に体感。TALION GALLERYでの「カード|Card」展をチェック

身近な画材を使い、ミニマルでユーモラスなドローイング作品を制作する平山昌尚の個展「カード|Card」が、東京・目白のTALION GALLERYで開催される。会期は10月6日〜11月4日。

平山昌尚 7853 2018 Courtesy of TALION GALLERY
前へ
次へ

 平山昌尚は1976年神戸生まれ。画用紙にボールペンやマーカーといった身近な画材を用いたドローイング作品を中心に制作するアーティストだ。これまで多数のアートブックを出版してきたほか、グッズのデザインも手がけるなど幅広く活動。近年ではチューリッヒや台北でも個展を開催し、注目を集めている。

 抽象的な要素を含む、ミニマルな平山のドローイング作品。いずれもシンプルかつ反復的なアプローチによって、何がモチーフかを示す程度の記号性は残しながらも、感傷やユーモアを帯びた図像性を併せ持つ。

平山昌尚 7790 2018 Courtesy of TALION GALLERY

 また、平山はこれまでに制作した全作品に通し番号を振っており、その数は、2018年9月時点で「7889」におよぶ。今回、東京・目白のTALION GALLERYで開催される個展「カード|Card」は、そういった数多くのドローイング・カードのなかから厳選された4枚が拡張されて壁画となり、展示空間の四方に展示される。

 鑑賞者を取り囲むという本展だけの作品空間で、平山の独特な味わいのドローイングを体感したい。