AdvertisementAdvertisement
INTERVIEW - 2022.7.30

15周年を迎えた国立新美術館はどこに向かうのか? 逢坂恵理子館長に聞く

逢坂恵理子・国立新美術館長 撮影=編集部

逢坂恵理子・国立新美術館長、館長室にて

「メトロポリタン美術館展」より、左からカラヴァッジョ《音楽家たち》(1597)、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの《女占い師》(おそらく1630年代)

「ダミアン・ハースト 桜」展より

国立新美術館

「佐藤可士和展」(2020)より 

「ファッション イン ジャパン 1945-2020 —流行と社会」(2021)より、「A BATHING APE®」や「UNDER COVER」のコレクション

「庵野秀明」展(2021)より、『新世紀エヴァンゲリオン』(1995)の資料展示

前へ
次へ
3 / 8
前へ
次へ
編集部