EXHIBITIONS

李晶玉 SIMULATED WINDOW

李晶玉 Window1(習作) 2022

 原爆の図丸木美術館では、新進の美術家・李晶玉(リ・ジョンオク)を迎えた企画展「李晶玉 SIMULATED WINDOW」を開催する。

 李は1991年東京都生まれ。2018年朝鮮大学校研究院総合研究科卒業。在日朝鮮人3世の立場から国家や民族に対する横断的な視点を足がかりに制作を展開している。古典絵画からの構図の引用や象徴的なモチーフを用いてマジョリティの文脈や構造にアプローチをかけ、コラージュなどの手法を用いて複層的な構造の平面作品を制作している。

 本展「SIMULATED WINDOW」では、在日朝鮮人3世という立場から、コラージュなどの手法を用いて「国家」や「民族」への複層的な視点を提示し注目される李が、原爆の図丸木美術館において「広島」をテーマに取り組む。