EXHIBITIONS

柚木沙弥郎 life・LIFE

2021.11.20 - 2022.01.30

柚木沙弥郎 並ぶ⼈ 1982 岩⽴フォークテキスタイルミュージアム蔵 撮影=平野太呂

柚木沙弥郎 『つきよのおんがくかい』原画 1999 ⽊城えほんの郷蔵

柚木沙弥郎 町の⼈々 2004 世⽥⾕美術館蔵 撮影=上野則宏

柚木沙弥郎 Morning 2019 IDÉE蔵 撮影=平野太呂

柚木沙弥郎 まゆ⽟のうた 2013 岩⼿県⽴美術館蔵 撮影=⽊寺紀雄

 PLAY! MUSEUMが企画展示「柚木沙弥郎 life・LIFE」を開催する。日々のくらしを豊かに彩ること、コロナに見舞われた今日をいかに大切に生きるか、「くらし」と「人生」をテーマに、染色家でアーティストの柚木沙弥郎の作品を見つめる展覧会。

 柚木は1922年東京都生まれ。1946年に岡山県の大原美術館に勤め、柳宗悦の「民藝」に出会い、芹沢銈介に師事して染色家となった。これまで国内の公立美術館のほか、フランス国立ギメ東洋美術館でも展覧会が開催された。

 型染めで布に模様を大胆に染めた染色作品をはじめ、版画や絵画、立体、絵本など、70年を超す創作活動を今日も続けている柚木。また近年ではIDÉEや京都のACE HOTELとのコラボレーションなど、世代を超えて注目されている。

 本展では、『つきよのおんがくかい』『そしたら そしたら』(いずれも福音館書店)など柚木が90年代から手がける愉快な絵本作品の原画約80点と、紙粘土と布でつくられたユーモラスな約20点の人形たち、そして約50点の色とりどりの大きな布が織りなすダイナミックな展示空間が展開される。

 なかでも見どころとなる染色作品は、50~70年代頃に多数制作された注染(ちゅうせん)という技法の染色作品や、抽象画のような大胆な模様が印象的な近作まで、幅広い年代の作品が色とりどりに広がる。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。