EXHIBITIONS

T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO 2021

東京駅・東京駅東側エリア 八重洲・日本橋・京橋9ヶ所(通称「Tokyo YNK」)
2021.10.22 - 10.31

キービジュアル

会場マップ

 一般社団法人TOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHYは、今年で3度目となる屋外型写真祭「T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO 2021」を開催。本フェスティバルは「日本の写真文化・写真の未来について考える」をコンセプトに、写真展、学生プロジェクト、トークとイベントの3つを柱に展開される。

 本年は、昨年よりも展示エリアを大きく拡大させ、東京駅八重洲口・グランルーフ、東京スクエアガーデン、(仮称)新TODAビル計画仮囲い、東京建物八重洲ビル、京橋第一生命ビルディング、八重洲ブックセンター本店、72Galleryなど9ヶ所で写真展を開催。来場者は八重洲・日本橋・京橋のエリアを街歩きしながら展示を楽しむことができる(公式ウェブサイトにて会場マップを掲載)。

 今回の目玉となるのは、26名の写真家と5名の写真評論家・研究者が参加する「Tokyo Photographers Wall Magazine」展。再開発が進む八重洲・京橋エリアの仮囲いや、オフィスエリアの公共空間(公開空地など)に、東京という都市を見つめてきた写真家たちの作品が展示され、ポジティブなイマジネーションを浮かばせる言葉がまるで「雑誌」のように出現する。

 本イベントの軸のひとつとなる学生プロジェクト「T3 Student Project(特設サイト)」では、国内14の美術大学・専門学校より選抜された約80名の学生たちの作品が一堂に集結。を開催。オンライン上にてポートフォリオ展ならびに学生によるプレゼンテーションイベントを開催する。

 そして「トーク&イベント」では、日本の写真文化、これからの写真の未来について考える場、交流の場として、会期中に様々なトークイベントをオンラインとオフラインにて行う。各展示・イベントの詳細は、公式ウェブサイトをチェックしてほしい。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。