EXHIBITIONS

小野耕石「離脱・反復・自立」

絵を描く事を失ってなお表現が固定観念からの通過を語るかぎり版と支持体からの自立を経ても重力からの恩恵と制限から解放されることはない
©︎ Kouseki Ono Courtesy of Tokyo Publishing House

Supplement E.M. - The Gateless Gate 49 rules
©︎ Kouseki Ono Courtesy of Tokyo Publishing House

Supplement E.M. - The Gateless Gate 49 rules 展示風景
©︎ Kouseki Ono Courtesy of Tokyo Publishing House

絵を描く事を失ってなお表現が固定観念からの通過を語るかぎり版と支持体からの自立を経ても重力からの恩恵と制限から解放されることはない
ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション(東京、 2019)での展示風景 撮影=長塚秀人

 小野耕石の個展「離脱・反復・自立」が開催される。東京パブリッシングハウス(横田茂ギャラリー)では2017年に発表した「波絵」以来、4年ぶりの個展となる。

 小野は1979年岡山県生まれ。東京藝術大学美術研究科修士課程絵画専攻版画科修了。刷る行為を反復することでインクを積層させ、インクの物質感と重層化していく独自の色彩感覚により、平面・立体を横断する新しい版画表現に取り組んできた。

 本展では、禅僧・無門慧開(むもん・えかい)が編んだ公案集『無門関』を題材にした、49点の黒いインク本作品からなる新作《Supplement E.M. - The Gateless Gate 49 rules》を中心に発表。このほか、2021年から制作を開始した「NEW ENLIGHTENMENT」や、ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションの展覧会「凹凸に降る -ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション 2019年冬の企画展-」での出品作など、2018年以降に制作された近作を展示する。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。