AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

howra「偶然の地層の上に」

2021.05.14 - 06.06

淺井裕介 参考画像

高山夏希 参考画像

 アーティストユニット・howraの初個展「偶然の地層の上に」がEUKARYOTEで開催される。

 howraは2021年、淺井裕介と高山夏希によって結成。戦前から多くの芸術家たちがアトリエを構えた歴史ある豊島区エリアにて、現在制作活動のベースを置く作家たちによるアーティストコレクティブ「パルナソスの池」(メンバーは淺井裕介、高山夏希、松井えり菜、村山悟郎)より派生し、「池袋モンパルナス展2.0」(2020年)を機に、2人のあいだで往復書簡のように作品を渡し合いながら共同制作を続けている。

 淺井は1981年東京生まれ。国内外での個展開催や、アートプロジェクトにも多数参加しており、20メートルを超える壁画をはじめ、様々な環境で滞在制作されたダイナミックな作品で多くの鑑賞者にインパクトを与えている。主に自然物である土、鹿の血などを用い、素材や環境から生まれる色・表情に反応しながら、土から植物へ、植物から生き物へと変容し拡張していく、神話的とも言えるメタモルフォーゼの世界観を描き出す。

 いっぽう、高山は1990年東京生まれ。2014・16年に「アートアワードトーキョー丸の内」でそれぞれアッシュペーフランス賞、後藤繁雄賞を受賞。複数の色同士が絡まりあった絵具を盛り上げ、積層して削るなど、平面/立体の枠を超えた技法で描かれた生き物とも風景とも括り切れない緻密なイメージは、人間を含めた生物たちが周囲の環境と一体化する世界観を、現代に生きる私たちに提示する。
 
 制作手法や作品の表層においては異なる部分を持ちながら、2人は共通して、イメージに素材を従わせるのではなく、そこにある素材や場所からイメージを引き出す。

 本展では、すべての作品を共同で制作し、新たな試みとなる大作2点を含めたキャンバス作品とドローイング、セラミック作品を展示。粘土の作品は淺井にとって原点回帰とも言え、高山は作品としての発表は今回が初めてとなる。

 2人のアーティストが互いに、作品に置かれた色や素材、痕跡から想像力によって反応し、描く肉体的行為と内的イメージを同時に織り成し、飛躍していく様を楽しむかのような有機的な表現は、私たちが本来自然を介して持つ原始的・根源的な想像力に働きかけ、焦点を当てる契機をもたらすだろう。