EXHIBITIONS

丸木スマ展

おばあちゃん画家の夢

丸木スマ 田楽(部分) 1956 丸木直也氏蔵

丸木スマ 田楽 1956 丸木直也氏蔵

丸木スマ カニの図 1955頃 吉川英治記念館蔵

丸木スマ ピカドン 制作年不詳 丸木直也氏蔵

 1875年に広島県に生まれた丸木スマは、船宿業と農業に従事しながら、画家となった息子の位里(いり)をはじめ4人の子どもを育て、働き詰めの毎日を送った。その後、位里・俊(とし)夫妻に絵を描くことを勧められ、1948年頃から絵筆をとるようになった。

 美術教育を受けることもなく「おばあちゃん画家」と呼ばれたスマの絵は、遠近法や透視図法などとは無縁で、身近な動物や魚、四季の花々などを題材に配色や構図に独自の工夫がなされている。

 本展は、今夏に一宮市三岸節子記念美術館で開催された展覧会の巡回となるが、吉川英治旧蔵の《カニの図》など一部展示作品が異なり、広島の丸木家で今春発見された《ピカドン》をはじめ、貴重な作品が数多く展示される機会となる。

 晩年になって花開いた、色鮮やかで自由奔放な世界を楽しみたい。