EXHIBITIONS

口から入って届くまで 東城信之介

小海町高原美術館
2020.04.04 - 06.01

「口から入って届くまで 東城信之介」出品作

「口から入って届くまで 東城信之介」出品作

「口から入って届くまで 東城信之介」出品作

東城信之介 matahalowjin

 絵画や写真など平面美術における若手作家の登竜門「VOCA2019」でグランプリを受賞し、国内外のレジデンスに参加するなど精力的に活動するアーティスト・東城信之介の公立美術館では初となる個展が開催される。

 東城は1978年長野県生まれ。2004年東京造形大学造形学部美術学科比較造形を卒業し、翌年同大学研究生(版画)を修了。金属板や工業製品に大小の傷やサビなどの痕跡を施すことで、通常では見ることのできない無意識に見えてしまう虚像や心象風景を作品化している。また、他者を経由したものの痕跡や記憶に自分を付与した立体、インスタレーションなどのシリーズも発表している。

 本展は、安藤忠雄設計の特徴的な展示空間の内外を使い、代表作から小海町のスタジオで滞在制作した新作によって構成。「口から入った食物は、体内で変容し感じることはできない」を切り口に、そんな体内で起きるであろう何かを想起し、作品に向かい合うことでしか得られない世界と、東城の現代社会への問題意識を感じられる大規模な展示となる。