EXHIBITIONS

桑原正彦 新作絵画展「dreamy star pochette」

GALLERY ZERO
2020.02.29 - 03.21

桑原正彦 princess 2019 © Masahiko KUWAHARA

桑原正彦 sweet roll 2019 © Masahiko KUWAHARA

桑原正彦 芳香剤 2019 © Masahiko KUWAHARA

 1980年代より、社会風刺的なテーマを描いてきた画家の桑原正彦が、大阪では8年ぶりとなる新作個展を開催する。

 桑原は1959年東京都生まれ。日本の高度経済成長とともに生きてきた世代が体験した日本の発展と、それに伴う負の遺産に真摯に向き合い、活動初期より一貫してシンプルで可愛らしい作風で現代日本の風景を表現してきた。

 その思いは、あえて稚拙とも言える手法や、「作品において諸問題に関する自身の善し悪しを前面には出さない」という確固とした視点、また初個展の「石油化学の夢」(1995)から、「埋めて忘れなさい」(1996)、「暮らしと膿」(2001)、「土地開発」(2005)などへと続く個展のタイトルで示されている。

 本展では、これまでの作品とは趣の異なる、淡いグレーを基調としたストイックな作品を発表。静かで可愛い絵画には、すべてを包み込む鋼の優しさが秘められている。