EXHIBITIONS

高山明 / Port B「模型都市東京」

メインビジュアル

高山明 撮影=江森康之

 建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してきた建築倉庫ミュージアム。演出家・アーティストである高山明(Port B)の企画による本展「模型都市東京」は、どこでも再現可能な形態でつくられた都市のインフラ/構成要素を「模型」としてとらえ、現在の東京のリアルな姿を浮かび上がらせる試みとなる。

 高山は1969年生まれ。東京藝術大学大学院映像研究科教授。2002年に創作ユニットPort B(ポルト・ビー)を結成。現実の都市や社会に介入する活動を世界各地で展開している。13年には「Port都市リサーチセンター」を設立し、演劇的発想を観光や都市プランニング、社会実践やメディア開発などにも応用する取り組みを行う。

 本展では、高山の演劇的手法によって、建築倉庫ミュージアムの展示空間は日々生成変化する場となり、東京という都市に接続されていく。展覧会の会期中は、何度でもミュージアムに再入場でき、変貌する空間を体感することができる。また本展と連動したイベントを今後、公式ウェブサイトにて順次公開。

※建築倉庫ミュージアムは6月9日より日時指定・事前予約制で開館を再開し、本展の会期を8月23日まで延長(当初の会期は2月8日~5月31日)。来館にあたっての注意事項および最新情報は公式ウェブサイトにて案内。