EXHIBITIONS

脇田玲「PHOTONS」

清春芸術村 光の美術館
2019.11.09 - 2020.02.02

© Akira Wakita

 科学者、アーティストの脇田玲による展覧会が清春芸術村「光の美術館」で開催。本展では、自然光のみで作品を鑑賞する安藤忠雄設計の「光の美術館」で、光子(光の粒子)をモチーフとした平面や映像作品を展示する。

 脇田は1974年東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部教授。科学と美術を横断し、知覚できない存在を可視化する作品を制作。日産LEAFと一体化した映像作品《NEW SYNERGETICS –NISSAN LEAF X AKIRA WAKITA》(2017)や、2016年に開始した音楽家・小室哲哉とのオーディオ・ビジュアル・プロジェクト、「アルス・エレクトロニカ」での8Kを使用した展示、また、MUTEK.JPやRedBull Music Festivalでのライブ・パフォーマンスで話題を集めてきた。

 本展のテーマは「光子による世界の再解釈」。光の美術館のなかにあふれる光子の存在をあらわにするとともに、世界を再解釈するきっかけを体験できる空間をつくり上げる。