EXHIBITIONS

本山ゆかり「その出入り口(穴や崖)」

Yutaka Kikutake Gallery|09.13 - 10.18

本山ゆかり 画用紙(二つの山と河) 2018

 本山ゆかりは1992年愛知県生まれ、2017年京都市立芸術大学大学院油画専攻修了。2015年より、デジタルペイントツールで描いた多量のドローイングからモチーフを選んで、透明なアクリル板に白と黒のアクリル絵具で描く「画用紙」シリーズを制作。絵画を構成する要素を分解・再構築し、絵画をシンプルな記号に留める方法を探っている。

 近年の主な展覧会に「東京・占い・ジャーニー」(VOLVO青山、東京、2018)、「paint( )ings 」(Yutaka Kikutake Gallery、東京、2018)、「この現実のむこうに Here and beyond」(国際芸術 センター青森、2017)、「裏声で歌へ」(小山市立車屋美術館、2017)がある。

 本展では、石、マッチ、風になびく草などをモチーフとした新作を中心に発表。絵画の解体・構築によって表れる様々な局面に向き合い、新たな絵画の姿を提示することに試み続ける本山の最新作に注目したい。