EXHIBITIONS

artKYOTO 2019

元離宮二条城 二の丸御殿台所・御清所/東南隅櫓|09.05 -, 09.06 - 09.08

東南隅櫓 外観 画像提供=京都市

⼆の丸御殿台所 外観 画像提供=京都市

⼆の丸御殿台所 内観 画像提供=京都市

⾹雲亭 画像提供=京都市

 世界遺産・⼆条城を舞台とした初のアートフェア「artKYOTO」が開催。通常⾮公開の空間に、平安時代の仏像や戦後の⽇本美術、ピカソやゴッホら近代の巨匠、新進気鋭の国内外アーティストたちの作品が集う。

 千年を超えて日本の都であった歴史を持ち、文化の発信地として革新を続けてきた京都。かつて京を本店にして江⼾に出店することが江⼾時代の商⼈の理想とされ、⽇本の重要なアートマーケットを担った。そして⼆条城は、徳川家康の将軍就任、⼤政奉還といった歴史の変わり目を見届けてきた。

 この⼆条城で新たに誕生する「artKYOTO」の大きな見どころは、各ギャラリー・美術商のブースで作品鑑賞や購⼊を楽しむことができるだけでなく、歴史的建築という⾮⽇常の空間だからこそ⽣み出されるギャラリスト、美術商との出会いや新たなコミュニケーションの場を体感できること。

 天井の重厚な梁が特徴の「⼆の丸御殿台所・御清所」では、⼟間と板間が⼀体となった広⼤な空間に20軒以上のギャラリー・美術商が出展。「東南隅櫓」では、⾒張り台として建造された天井の⾼い歴史的空間に古美術の作品が並ぶ。結婚式の挙式場としても活⽤される⽇本建築「⾹雲亭」はVIPラウンジに、そして敷地内の塀の外庭でも作品展示を行うほか、 注目のグラフィティ・アーティスト、Mr Doodle(所属:アンザイ ギャラリー)によるライブパフォーマンスも予定している。

 出展ギャラリー・美術商は、京都から現代美術 ⾋居、NUKAGA GALLERY、imura art gallery、ART OFFICE OZASAなど11軒、東京や海外で展開するミヅマアートギャラリー、タカ・イシイギャラリー、シュウゴアーツを含む全31軒。日本で初開催される「ICOM Kyoto 2019(国際博物館会議京都大会)」がパートナーイベントとなり、特別協力博物館・美術館としては、京都国立博物館、京都国立近代美術館、細見美術館の3館が参加。

 また、ニューヨーク発のアートイベント「ART BATTLE Kyoto」や、京都市立芸術大学、京都国際映画祭と連携するなど、京都発のアートシーンを世界に発信する。