EXHIBITIONS

Monolog in the Doom 佃 弘樹

佃弘樹 Rise of the Dragon 2019 © Hiroki Tsukuda Courtesy of the artist and NANZUKA

佃弘樹 Dreams of Doom 02 2019 © Hiroki Tsukuda Courtesy of the artist and NANZUKA

佃弘樹 Vol.16 2019 © Hiroki Tsukuda Courtesy of the artist and NANZUKA

Installation view: Hiroki Tsukuda / Monolog in the Doom / Museum of Modern Art, Gunma / Gunma, Japan / 2019 © Hiroki Tsukuda Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of the artist and NANZUKA

Installation view: Hiroki Tsukuda / Monolog in the Doom / Museum of Modern Art, Gunma / Gunma, Japan / 2019 © Hiroki Tsukuda Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of the artist and NANZUKA

Installation view: Hiroki Tsukuda / Monolog in the Doom / Museum of Modern Art, Gunma / Gunma, Japan / 2019 © Hiroki Tsukuda Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of the artist and NANZUKA

Installation view: Hiroki Tsukuda / Monolog in the Doom / Museum of Modern Art, Gunma / Gunma, Japan / 2019 © Hiroki Tsukuda Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of the artist and NANZUKA

 佃弘樹は1978年香川県生まれ。映画『マッドマックス』や『ブレードランナー』などに描かれる「事後の世界」から影響を受け、ドローイングや写真の集積を組み合わせたデジタルコラージュの技法でパラレルワールドを表現してきた。

 近年、「HOUR OF EXCAVATION」(Neuer Aachener Kunstverein、ドイツ、2017)、「HIROKI TSUKUDA」(Galerie Gisela Capitain、ドイツ、2017)、「Enter the O」(Petzel、ニューヨーク、2016)など精力的に個展を開催。現代社会の閉塞感を対比的に俯瞰する佃の作品は世界中で多くの共感を呼び起こし、2018年に発表した大作がニューヨーク近代美術館に収蔵されるなど、その国際的な評価を急速に高めている。

 本展は、東京、ニューヨーク、ベルリンなどグローバルなアートシーンで活動を続ける作家の「現在」を紹介。佃が青春期に影響を受けた映画やマンガ、小説のなかに含まれる世紀末的思想の世界と現実世界との対比を視覚化した近・新作や、近年の個展「199X」(NANZUKA、東京、2018)、「199X Storm garden」(Capitain Petzel、ベルリン、2019)を通して制作してきた作品で構成される。