• HOME
  • EXHIBITIONS
  • 飯嶋桃代 〈疾患〉と〈治癒〉――通過儀礼としてのイナバノシ…
EXHIBITIONS

飯嶋桃代 〈疾患〉と〈治癒〉――通過儀礼としてのイナバノシロウサギ説話

映像一部(イメージ画像)

 飯嶋桃代は1982年神奈川県生まれ、2011年女子美術大学大学院美術研究科博士後期課を修了。古着や食器などの日用品を家型の白いパラフィンワックス(蝋)に封じこめた作品や、衣服のボタン、ネームタグ、毛皮、陶器などを用いて壁面や展示空間を覆い尽くすインスタレーションなどを発表してきた。

 近年の個展に、「パランプセスト重ね書きされた記憶/記憶の重ね書き」(gallery αM、東京、2014)、「第9回 shiseido art egg」(資生堂ギャラリー、東京、2015)、グループ展に「新進芸術家選抜展 FAUSS 2016」(O美術館、東京、2016)などがある。

 本展では、古事記にも登場する説話イナバノシロウサギを着想源に、オブジェと映像で構成した新作のインスタレーションを展開。白兎が受ける痛みをイニシエーション(節目に行われる儀式)とし、トランスフォーム(変化)する過程を通過儀礼としての視点で読み解く。