EXHIBITIONS

戸田悠理「Beautiful Strangers in Ourselves」

児玉画廊|02.22 - 03.29

戸田悠理 Strangers in paradise 2018-19 画像提供=児玉画廊

 戸田悠理は1991年東京都生まれ、2015年多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。インターネットの画像検索で様々なイメージを集め、画像加工を施して構成したものを下絵として、印刷物と見紛うほどの精巧さでキャンバスに描き出している。

 初期の作品では、静かな面持ちの人物画に、対照的な馬鹿げた落書きのような線描を重ねた作品を制作。また、SNSで多用されるハッシュ記号検索でたどり着いた画像を題材に描いた「ハッシュタグ(#)」シリーズなどがある。

 ひとりが複数のアカウントを使い分け、別人格を演じ分けることが普通となったSNSの現状について、「SNSの発達に伴い、SNSアカウントが自己のひとつのあり方として認識され、一種のアイデンティティを形成している」と言う戸田。作品制作において、インターネット上で見つけたオリジナルの画像やモデル自体よりも、そのイメージを改変し、意味や関係性をつくり変えることに傾注して、SNSのようにいくつものキャラクターを持つ絵画を仕立てる。

 本展では、シルクスクリーンの技法を転用した、絵具によるドットプリンティングなどの新作を発表。変幻自在な手法で拾ったイメージを別物に置き換え、改変の繰り返すことで、絵画らしさから逸脱しそうな「Stranger」を生み出す。