EXHIBITIONS

シャルル=フランソワ・ドービニー展

ゴッホが愛した風景画家

ひろしま美術館|01.02 - 03.23

シャルル=フランソワ・ドービニー ヴォー島、オワーズ川の分流地点 1870頃 オーヴェール=シュル=オワーズ、ドービニー美術館蔵 © Christian Devleeschauwer

シャルル=フランソワ・ドービニー ブドウの収穫 1863頃 フランス、個人蔵 © Christian Devleeschauwer

シャルル=フランソワ・ドービニー ボッタン号 1869頃 フランス、個人蔵 © Archives Musées de Pontoise

 カミーユ・コローやジャン=フランソワ・ミレーらと並び、バルビゾン派の中心人物のひとりに数えられるシャルル=フランソワ・ドービニー。パリから北西約30キロメートルにある、穏やかな雰囲気漂うオーヴェール=シュル=オワーズ村を流れるオワーズ川をはじめ、セーヌ川やその支流、さらに海岸などを多数描いたことから「水の画家」とも呼ばれている。アトリエで筆を執るより、自然の中でスケッチや習作を描くことを好んで、自らアトリエ船まで手がけたという。

 ゴッホの《ドービニーの庭》に描かれた邸宅と庭の主であり、ゴッホが敬愛したバルビゾン派の風景画家としても知られるドービニー。船で旅をしながら穏やかな水辺の風景を描いたその作品は、印象派の先駆けとして後世の画家たちに影響を与え、近代風景画の歴史上で重要な役割を果たした。

 本展は、バルビゾン派の括りではなく、ドービニー個人を本格的に紹介する日本初の展覧会。国内外の所蔵作品を中心に、油彩画、版画、水彩画、資料など約90点が展示される。