EXHIBITIONS

岩合光昭写真展「ねことじいちゃん」

日本橋三越本店|01.08 - 01.20

© Mitsuaki Iwago © 2018「ねことじいちゃん」製作委員会

© Mitsuaki Iwago © 2018「ねことじいちゃん」製作委員会

© Mitsuaki Iwago © 2018「ねことじいちゃん」製作委員会

© Mitsuaki Iwago © 2018「ねことじいちゃん」製作委員会

 動物写真家・岩合光昭が映画監督に初挑戦した映画『ねことじいちゃん』(配給=クロックワークス、2019年2月22日上映予定)の公開に先駆け、撮り下ろしスチールフォト約160点を展示する写真展「ねことじいちゃん」が全国各地を巡回する。

 岩合は1950年東京都出身。世界各地をフィールドに活躍し、その美しく、想像力をかき立てるような作品が高く評価されている。いっぽうで、ライフワークとして身近なネコを40年以上にわたって撮り続けている。ネコに関する著書に『ねこの京都』『岩合光昭の世界ネコ歩き2』などがある。

 映画『ねことじいちゃん』は、累計発行部数35万部を超える、ねこまき(ミューズワーク)の大人気マンガ『ねことじいちゃん』 (KADOKAWA)が原作。妻に先立たれた大吉(じいちゃん)と猫のタマが織りなす何気ない日常を優しいタッチで描いている。映画では、立川志の輔が主演、柴咲コウ、小林薫、田中裕子らが脇を固める。