• HOME
  • EXHIBITIONS
  • パラランドスケープ “風景”をめぐる想像力の現在
EXHIBITIONS

パラランドスケープ “風景”をめぐる想像力の現在

三重県立美術館|01.03 - 03.23

藤原康博 あいだの山 2014 個人蔵 Courtesy of Mori Yu Gallery Photo by Kenryu Tanaka

伊藤千帆 音のない風景 2016 photo by Ko Yamada

稲垣美侑 Window 2018 作家蔵

尾野訓大 造山輪廻 3 2016 作家蔵

徳重道朗 対岸の風景 2018 作家蔵

 近年、SNSの普及やテクノロジーの進展によって、人々の視覚体験は空間的・時間的な制限を超越し、日常で目にする風景の質も大きく変化している。その変化は、新しい認識をもたらすいっぽうで、固有の文化・風土に根差した風景への感受性を均質化し、地域の景観や共同体の破壊にもつながりかねない危険性を孕んでもいる。

 本展は、目の前にある「風景」を見つめ直すべく、美術館の5つの空間を舞台に5名のアーティストがそれぞれの「風景=パラランドスケープ(Para-Landscape)」をつくり上げる。(「Para-」は「〜を越えて」あるいは「〜とともに」「〜にそって」を意味する接頭辞)

 出品作家は伊藤千帆、稲垣美侑、尾野訓大、徳重道朗、藤原康博。5名のアーティストが生み出すそれぞれの「風景」に、変容する現実と向き合うための想像力のありかを探る。