EXHIBITIONS

ignore your perspective 47「Pop-up Dimension 次元が壊れて漂う物体」

大槻英世 / 石場文子 / 佐々木耕太 / 佐藤克久

児玉画廊|10.26 - 11.23

佐藤克久 2018 画像提供=児玉画廊

 児玉画廊の企画展シリーズ「ignore your perspective」の47回目では、「Pop-up Dimension / 次元が壊れて漂う物体」と題して、大槻英世、石場文子、佐々木耕太、佐藤克久の4名を紹介する。

 石場は、写真というメディアが引き起こす視覚的な錯誤と脆さに着目。撮影対象に直接、黒く太い「輪郭線」を描き、絵画的な写真作品でその感覚を喚起している。

 大槻はマスキングテープを模倣したスーパーリアリズムの絵画を制作。佐藤はキャンバス地を切り抜く、折り目をつけるといった行為によって、絵画と物体としての主張が見えるような作品を手がけている。

 そして佐々木は、絵画とそれが設置される空間、両者の関係性が入れ子状に折り重なっていくような作品を発表している。

 本展は、4人を通して、作品形態の広義である「平面」と「立体」をも逸脱しうる新たな表現を考察する。