EXHIBITIONS

長谷川利行展

久留米市美術館|09.22 - 11.04

長谷川利行 白い背景の人物 1937 個人蔵

長谷川利行 水泳場 1932 板橋区立美術館蔵

長谷川利行 夏の遊園地 1928 個人蔵

 関東大震災から復興する東京に暮らし、遊園地やプールといったモダンな建築物、カフェの女給や子供など市井の人々を、力強いタッチで描いた画家・長谷川利行の九州初となる大回顧展が開催される。

 長谷川は1891年京都府出身。30歳頃に上京して画家を志すと、1927年には二科展で樗牛賞を受賞するなど、一躍画家としての才能を開花させる。しかし、生来の放浪癖から次第に生活は破綻。40年、三河島の路上で倒れ、板橋の養老院で誰にも看取られることなく49年の生涯を閉じた。

 本展では、新発見の大作《白い背景の人物》や、隅田公園に建設されたプールを題材とした《水泳場》といった油彩画のほか、水彩画やガラス絵など約140点を紹介。関東大震災から太平洋戦争直前までの東京を描き続けた長谷川の、作品世界の全貌に迫る。(10月16日から一部作品の入れ替えあり)