EXHIBITIONS

出版記念「フェルメール 植本一子」展

Books and Modern + Blue Sheep Gallery|09.20 - 10.06

植本一子『フェルメール』より

植本一子『フェルメール』より

植本一子『フェルメール』より

植本一子『フェルメール』

 エッセイ『かなわない』や『降伏の記憶』などで知られる写真家・文筆家の植本一子(うえもと・いちこ)が、現存するフェルメール全作品を取材した、写真と文章による鑑賞記『フェルメール』(ナナロク社+ブルーシープ刊)の出版記念展が開催される。

 植本は1984年広島県生まれ、2003年「キャノン写真新世紀」優秀賞を受賞。広告、雑誌、CDジャケット、PVなどで活動を続け、13年には写真館「天然スタジオ」を立ち上げる。「現代短歌」表紙写真を2018年から担当。文芸雑誌『文藝』(河出書房新社)にて「24時間365日」が連載されている。

 本展では、『フェルメール』のために撮影された写真約100点と日記の一部を展示。オランダをはじめ、7ヶ国17美術館の旅をとらえた美しい写真と、フェルメールの息づかいを感じさせる植本の言葉を垣間見ることができる。

 先行販売に加え、来場者特典として未収録カットの特製ポストカードをプレゼント。会期中にはアーティストトークも行われる。