EXHIBITIONS

開館20周年記念-版の美Ⅱ-

原安三郎コレクション 小原古邨展

ー花と鳥のエデンー

茅ヶ崎市美術館|09.09 - 11.04

小原古邨 紫陽花に雀 明治後期 原安三郎コレクション

小原古邨 蓮に雀 明治後期 原安三郎コレクション

小原古邨 芥子に金糸雀 明治後期 原安三郎コレクション

小原古邨 花菖蒲に翡翠 明治後期 原安三郎コレクション

小原古邨 菜の花に揚羽蝶 明治後期 原安三郎コレクション

小原古邨 菫に猫と蝶 明治後期 原安三郎コレクション

小原古邨 雪の柳に烏 明治後期 原安三郎コレクション

小原古邨 踊る狐 明治後期 原安三郎コレクション

 茅ヶ崎市美術館が開館20周年を記念し、年間を通じて版画の魅力を伝える展覧会シリーズ「版の美」。2回目では実業家・原安三郎のコレクションより、伝統の様式美と西洋絵画的な躍動感や遠近表現が融合する、情感豊かな花鳥画を手がけた小原古邨の作品を紹介する。

 小原古邨(本名=小原又雄)は1877年金沢市生まれ。花鳥画を得意とする日本画家・鈴木華邨に師事。明治末期には版元・大黒屋から花鳥画を刊行し、海外への輸出を念頭に置いた版下絵の制作で高い人気を得る。昭和期には渡邊版画店から祥邨の名で、また酒井好古堂と川口商会の合版では豊邨の制作を続けた。

 海外で評価されながら、国内ではあまり知られてこなかった小原の作品。本展では、摺および保存状態が優れた原コレクションから、古邨作品230点を世界初公開。祥邨、豊邨の作品も参考出品するほか、同コレクションの歌川広重や歌川国芳などの貴重な花鳥画10点も展示する。