EXHIBITIONS

桑久保徹展「A Calendar for Painters Without Time Sense 1. 3. 4. 5. 7. 8」

桑久保徹 Johannes Vermeer's Studio 2016 © Toru Kuwakubo Courtesy of Tomio Koyama Gallery

桑久保徹 Johannes Vermeer's Studio 2016 © Toru Kuwakubo Courtesy of Tomio Koyama Gallery

桑久保徹 Vincent Willem Van Gogh's studio 2017 © Toru Kuwakubo Courtesy of Tomio Koyama Gallery

桑久保徹 Pablo Picasso's studio 2017 © Toru Kuwakubo Courtesy of Tomio Koyama Gallery

 待望の桑久保徹4年ぶりとなる個展が開催される。

 桑久保は、「絵を描く」という方法で、現代美術に立ち向かうためのやり方として、自身の中に架空の画家を見出すという演劇的アプローチで制作活動をスタートさせた。あえて古典的ととらえられるゴッホのような油絵具の厚塗り技法を用いて、現代的心象風景を物語性豊かに描く独自の世界は、国内外で高い評価を受けている。

 本展では、桑久保が尊敬する画家の生涯をひとつのキャンバスに込めて描いた「カレンダーシリーズ」を展示。美術史に登場するピカソ、フェルメール、アンソール、セザンヌ、スーラ、ゴッホの6名のアトリエを桑久保の解釈を交えた空想的、壮大な異次元空間として表現し、歴史的な画家たちが何か考えていたのかを追体験できる究極のオマージュ作品が並ぶ。