EXHIBITIONS

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

フィンセント・ファン・ゴッホ 花魁(溪斎英泉による) 部分 1887 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 © Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

フィンセント・ファン・ゴッホ 花魁(溪斎英泉による) 1887 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 © Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

フィンセント・ファン・ゴッホ  寝室 1888 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵  © Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

フィンセント・ファン・ゴッホ  夾竹桃と本のある静物 1888 メトロポリタン美術館蔵(ジョン・L.・ローブ夫妻寄贈) Image copyright © The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

フィンセント・ファン・ゴッホ  アイリスの咲くアルル風景 1888 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵  © Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

フィンセント・ファン・ゴッホ  雪景色 1888 個人蔵 © Roy Fox

 1853年オランダに生まれ、86年パリに移住、様々な刺激を受けながら、自らの絵画表現を模索していったフィンセント・ファン・ゴッホは、日本の浮世絵を収集し、それを模写した油彩画を描くことで、その構図や色彩を学び取っていた。

 本展は、ゴッホと日本との相互関係に2部構成で焦点を当てる、オランダのファン・ゴッホ美術館との国際共同プロジェクト。

 第一部では、国内外のコレクションから厳選したゴッホ作品約40点と、同時代の画家の作品や浮世絵など約50点によって、ゴッホが日本からいかなる影響を受け、日本に対してどのようなイメージを抱いていたのか、多角的に検証。 第二部では、最初期における日本人の「ファン・ゴッホ巡礼」を、フランスの国立ギメ東洋美術館に所蔵される「芳名録」に基づいた約90点の豊富な資料によってたどる。