AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

大久保あり+酒井一吉「空洞と重なり」

2023.06.17 - 07.09
 LOOP HOLEで大久保ありと酒井一吉の展覧会「空洞と重なり」が開催されている。

 大久保は1974年生まれ。自身の夢や経験から派生したフィクションにもとづき、パフォーマンスや印刷物、テキストとオブジェによるインスタレーションなどを手がける。記憶や語りの持つ曖昧さや多重性を映し出すことで、歴史の揺らぎのなかで宙吊りになり、忘却されたものの存在に触れようとする。

 酒井は1985年長崎県生まれ、2008年に東京造形大学を卒業。アズマテイプロジェクトにて個展を開催している。また酒井は「東京都現代美術館MOTアニュアル2022展」における大久保の展示会場の設計・施工を行なっており、さらに「アズマテイプロジェクト」で開催された志田塗装+大久保あり「そして、初めに戻る」も企画。

 本展では、酒井の出身地でもあり原子爆弾被爆の地でもある長崎に訪れ、記憶や記述の空洞にそれぞれの因果と偶然を重ね制作した2人の作品を紹介する。酒井は失われた被爆遺構の変わり身として、爆心地の遺留品を展示し、大久保は旅から現在に至るまでのリサーチと対話から得た事柄をもとに会期中を通して地図の制作と更新を行なっている。