AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

品川美香「昼と夜」

品川美香 昼 2022 Photo by Hirotsugu Horii

品川美香 ひるまの星 2022 Photo by Hikari Okawara 参考作品

品川美香 夢 2021 Photo by Hikari Okawara 参考作品

品川美香 春 2020 Photo by Hirotsugu Horii 参考作品

 画家・品川美香の新作個展「昼と夜」が、OIL by 美術手帖ギャラリーで開催される。

 品川は1988年熊本県生まれ。2016年に京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)大学院修士課程を修了し、関西を中心に国内各地で作品を発表。鮮やかな色面の構成と植物の装飾的な表現、そして自身の代表的なモチーフである子供の姿により、心象風景を描き出してきた。

 品川の作品の原点にあるのは、自身の記憶のなかにある原風景だ。自分自身や他者、また人以外の世界認識への「わからなさ」を考えながら作品にしていくという品川は、これまでに過ごしてきた時間のなかに浮かび上がる風景や思いをコラージュしていくような感覚で絵を描いていると語る。

 子供のモチーフはそれらの気持ちの拠り所であり、雑多な現実と夢想の非現実をつなぐ無垢な存在でもあり、描かれた子供は匿名的な存在でありながらしっかりとした存在感を放つ。その瞳のなかには無限の宇宙が光り輝いている。

 本展で発表される幅5メートルの大作《昼》では、品川が幼少期を過ごしたふるさとの情景である雲仙普賢岳を背景に、自然への畏怖と儚くも力強い生命が表現されている。

 自身も妊娠・出産を経験し、連綿と続く生命の歴史や、大きな世界と小さな自分とのつながりを意識したという品川。今回の新作には、「子どもを生み育てるというひりひりとした体験を忘れないように残しておきたい」という作家としての強い気持ちが投影されている。