AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

おいしいボタニカル・アート

食を彩る植物のものがたり

2022.11.05 - 2023.01.15

作者不明 イチゴ 「ストロベリー・オブ・ヴェルサイユ」 1788 Photo Brain Trust Inc.

フレデリック・ポリドール・ノッダー オーツ麦 1794 Photo Brain Trust Inc.

ウィリアム・フッカー リンゴ 「デヴォンシャー・カレンデン」  1818 Photo Michael Whiteway

ウィリアム・フッカー ブドウ 「レザン・ド・カルム」  1818 Photo Michael Whiteway

ロイヤル・ウースター社 コーヒーカップ&ソーサー 1879頃 Photo Michael Whiteway

 SOMPO美術館では、展覧会「おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり」が開催。英国キュー王立植物園の協力のもと、食用となる植物を描いた「ボタニカル・アート(植物画)」を紹介する。

 ボタニカル・アートとは、薬草学や植物学といった科学的研究を目的として、草花を正確かつ緻密に描いた「植物画」のこと。17世紀の大航海時代、珍しい植物を追い求めたプラント・ハンターたちの周辺で多くのボタニカル・アートが描かれ、専門の画家も活躍するなど急速に発展した。18世紀以降になると科学的な目的に加え、芸術性の高い作品も描かれている。

 本展では、ボタニカル・アートから、野菜や果物、ハーブやスパイスなど身近なものから珍しいものまで、様々な食材を描いた作品を取り上げ、植物(食物)にまつわる物語とともに紹介する。

 またティー・セットやカトラリーなどのテーブル・ウェア、18世紀頃の手書きレシピ、ヴィクトリア朝の主婦のバイブル『ビートン夫人の家政読本』といった関連資料も展示し、イギリスの歴史と食文化をたどる。