AdvertisementAdvertisement
ARTISTS

和田直祐

Naosuke Wada

 和田直祐は1983年兵庫県生まれ。2013年に京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)大学院芸術研究科芸術表現専攻ペインティング領域を修了。薄く溶いた絵具を幾層にも塗り重ねる古典技法の「グレーズ」を参照し、光と空間をテーマとした作品を制作している。高透明のメディウムを用いてレイヤーを構築し、透過効果による流動性を伴った絵画は、光が当たる場所や時間によって色やかたちが微量に変化し、「見る」という行為への再考を促す。主なグループ展に、「MEET YOUR ART」(大丸梅田店、大阪、2021)、「Up_01」(銀座蔦屋書店GINZA ATRIUM、東京、2020)、「THE AMALOGICAL MIRROR 類比の鏡」(山中suplex、滋賀、2020)、「大鬼の住む島」 (WAITINGROOM、東京、2019)など。など。「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019」 (京都府京都文化博物館別館・京都新聞ビル印刷工場跡)にも参加。