ARTISTS

クワクボリョウタ

Ryota Kuwakubo

 クワクボリョウタは1971年栃木県生まれ。筑波大学芸術専門学群構成専攻総合造形コース卒業後、筑波大学大学院デザイン研究科総合造形修了。2001年、国際情報科学アカデミー(IAMAS)アート&ラボ科卒業。98年に明和電機との共作で携帯電光掲示板《BITMAN》を制作し、エレクトロニクスを使用した作品制作を開始。「デバイス・アート」と呼ばれる独自のジャンルを確立した。2010年には鉄道模型を使って展示室に幻想的な影の風景を紡ぎ出すインスタレーション《10番目の感傷(点・線・面)》(2010)を発表し、第14回文化庁メディア芸術祭アート部門優秀賞を受賞。翌年、文化庁平成22年度芸術選奨文部科学大臣新人賞(メディア芸術)を受賞。近年の主な個展に「微笑みトランジスタ」(日本科学未来館、東京、2009)、「ひかり・くうかん じっけんしつ」(NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、東京、2012)など。