ARTISTS

石井厚生

Atsuo Ishii

 石井厚生は1940年千葉県生まれ。多摩美術大学で日本抽象彫刻のパイオニアである建畠覚造(1919-2006)の薫陶を受け、大学卒業後から行動美術展などを中心に国内外で発表。パブリックアートの仕事も数多く手掛ける。初期の金属作品や1980年代の石彫を経て、2000年代からは赤レンガを素材とした作品を発表。美術批評家ハーバート・リードの著書『近代彫刻史』を裁断して混入したモルタルで赤レンガを接着し、円環、円盤、壺などを形成するなど、常に彫刻の根源を追い求めてきた石井の強い意志を感じ取る事ができる。主な個展に「西風と東風のまにまに」(三重県立美術館柳原義達記念館、2009)など。中原悌二郎賞優秀賞(1992)、本郷新賞(2005)などを受賞。