×
NEWS / EXHIBITION - 2017.10.30

「装飾」とは何か? 庭園美術館の「装飾は流転する」で7組が共演

時代とともに変化する「装飾」にスポットを当てた展覧会「装飾は流転する」が東京都庭園美術館で開催される。会期は2017年11月18日〜2018年2月25日。

ニンケ・コスター 時のエレメント 2015 シリコンゴム Photo by David in den Bosch

 弔いの儀式や呪術的なタトゥーに始まった「装飾」は、常に人々とともに存在してきた。ときに形骸化しながらも、時代とともに変化を繰り返し生き残ってきた「装飾」をテーマにした展覧会が、この冬東京都庭園美術館で開催される。

ヴィム・デルヴォワ ノーチラス(3分の1縮尺模型) 2013 ステンレス鋼 作家蔵 © Studio Wim Delvoye,Belgium
山縣良和 writtenafterwards – flowers Ⅱ 2017年AWコレクション Photo by Kenshu Shintsubo

 本展には、消費社会を象徴するプロジェクトを展開したヴィム・デルヴォワ(ベルギー)や、ファションブランド「writtenafterwards」を主催する山縣良和(日本)など、年齢や国籍、ジャンルが異なる7組のアーティストが参加。 

ヴィム・デルヴォワ 低床トレーラー 2014、ダンプカー 2012 © Studio Wim Delvoye,Belgium

 ゴシック装飾を施したダンプカーや、さまざまな文化圏の模様をリミックスした絨毯などが展示される。

コア・ポア 聖なる山 2014 キャンバスにアクリル 作家蔵

information

装飾は流転する 「今」と向きあう7つの方法

会期:2017年11月18日〜2018年2月25日
会場:東京都庭園美術館(本館・新館)
住所:東京都港区白金台5-21-9
電話番号:03-5777-8600
開館時間:10:00〜18:00(11月23日、24日、25日〜20:00)※入館は閉館の30分前まで
料金:一般 1100円 / 大学生 880円 / 中高生 550円
休館日:水(第2、第4)、12月27日〜1月4日

event

アーティストトーク
日時:11月18日 13:00〜
場所:新館ギャラリー2
定員:120名(要予約)※予約方法はサイトを確認
参加料:無料(要当日の観覧券)
 
ギャラリートーク
日時:11月25日 18:30〜
予約:不要
参加料:無料(要当日の観覧券)
 
山本麻紀子ワークショップ「落とし物のお店」
日時:12月9日、16日
講師:山本麻紀子
対象:小学生
予約:予約方法はサイトを確認(両日参加できる方のみ)
参加料:2日間で1500円
 
TTM: IGNITION BOX
DOMMUNE「EXTREME QUIET VILLAGE」
vol. 2 ~装飾の生命線
宇川直宏によるライヴ・ストリーミングプログラム
日時:2018年1月20日 13:00〜18:00
場所:新館ギャラリー2
定員:90名
予約:予約方法はサイトを確認
参加料:無料(要当日の観覧券)
 
みんなで作るギャラリー・カンバセーション
「哲学対話の手法を用いたプログラム」
ファシリテーター:神戸和佳子(東京大学)、荻野亮一(慶應義塾大学)
※日程・詳細は決まり次第美術館サイトでお知らせ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします