×
NEWS / EXHIBITION - 2017.8.24

すべて新作! 塩田千春がケンジタキギャラリーで個展を開催

現在ベルリンを拠点に活動しているアーティスト・塩田千春が、ケンジタキギャラリー(名古屋)で新作個展を開催する。会期は9月1日〜10月21日。

© Chiharu Shiota Photo by Sunhi Mang

 現在、ベルリンを拠点に活動する塩田千春は、空間に張り巡らせた糸や、ドレス、靴、ベッドなどの人々の生活の痕跡や記憶を内包する素材を用い、大規模なインスタレーションを中心に、立体、写真、映像など多様な作品を制作している。
 
 2015年には、第56回ヴェネチア・ビエンナーレに日本代表作家として参加。大量の赤い糸と世界中の人々から集められた鍵を使った《掌の鍵》を発表し、話題となった。

 本展では、生と死という人間の根源的な問題に向き合い、「生きることとは何か」「存在とは何か」を探求してきた塩田が、すべて新作で会場を構成。グレーに塗られたキャンバスと白い糸を用いた「Night Sky」や、赤い糸を使った「Endless Line」といったシリーズのほか、船をモチーフにした立体作品などを展示。また、近年制作を試みているブロンズ作品のなかから、家族の手をモチーフにした作品も発表する。

© Chiharu Shiota Photo by Sunhi Mang

information

塩田千春 新作展

会期:2017年9月1日〜10月21日
会場:ケンジタキギャラリー/名古屋
住所:名古屋市中区栄3-20-25
電話番号:052-264-7747
開廊時間:11:00〜13:00、14:00〜18:00
休廊日:日、月、祝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします