×
NEWS / EXHIBITION - 2017.7.23

レイモン・ドゥパルドンが切り取る、2つのオリンピックと東京の街

フランスの写真家レイモン・ドゥパルドンが、シャネル・ネクサス・ホールで日本初の個展を開催。オリンピックが開かれた1964年と、2回目のオリンピック開催をひかえた2016年の東京の街を写した作品を展示する。会期は9月1日〜10月1日。

© Raymond Depardon / Dalmas-Slpa Press J.O. Tokyo 1964

 1942年生まれのフランスを代表する写真家、レイモン・ドゥパルドンは、60年より報道写真家として活動を始め、アルジェリアやベトナムなどの戦地を取材。77年には、チャド内戦のルポルタージュでピューリッツァー賞を受賞している。そのいっぽうで、世界各地の美しい風景や人々の飾らない姿をとらえた写真作品でも人気を誇る。

 ドゥパルドンは、64年にオリンピックの取材のために初めて東京を訪れた。その際撮影された2000点を超えるモノクロの写真群は、独自の鋭い観察眼や画面の構成力により高く評価され、その後、メキシコ、ミュンヘン、モントリオール、モスクワと歴代オリンピックを撮影した作品がまとめられた写真集『J.O.』(2004)は今もロングセラーとなっている。

 本展では、2016年、2度目のオリンピックを4年後にひかえた東京の街を、ドゥパルドンがカラーで撮影した新作を展示する。モノクロの過去作も合わせて展示され、東京の街と写真家・ドゥパルドンの過去と現在が象徴的に示される。

© Raymond Depardon / Magnum Photos Tokyo 2016

information

DEPARDON / TOKYO 1964-2016
レイモン ドゥパルドン写真展

会期:2017年9月1日〜10月1日
会場:CHANEL NEXUS HALL
住所:東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4階
電話番号:03−3779−4001
開館時間:12:00〜20:00
休館日:会期中無休

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします