×
NEWS / HEADLINE - 2017.4.1

美の殿堂の深部を描く。
ドキュメンタリー映画『エルミタージュ美術館』4月より全国公開

フランスのルーヴル美術館、アメリカのメトロポリタン美術館と並び、世界三大美術館の一つとして数えられるロシアのエルミタージュ美術館。その250年に及ぶ歴史に迫ったドキュメンタリー映画『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』が4月29日より全国順次公開される。

映画『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』より Hermitage Revealed © Foxtrot Hermitage Ltd. All Rights Reserved.

 エルミタージュ美術館は、1764年にロシアの女帝エカテリーナ2世によってサンクトペテルブルクに創設。フランスのルーブル美術館(1793年設立)、アメリカのメトロポリタン美術館(1870年設立)と並び、世界三大美術館のひとつとして知られている、世界でもっとも巨大な美術館の一つだ。

 所蔵品の数は300万点に及び、その規模は世界一とも言われている。また2000の部屋に、他のどの美術館よりも多い学芸員、年間366万人以上(2015年)の入場者など、世界屈指の美術館として人気を集めている。

 そんなエルミタージュ美術館の姿を追ったのがドキュメンタリー映画『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』だ。本作では、同館館長であるミハイル・ピオトロフスキーをはじめ、同館のスペシャリストたち、2011年に同館で展示を行ったアーティスト、アントニー・ゴームリー、建築家のレム・コールハースなど、様々な視点からエルミタージュ美術館が250年の時を超えて、今なお特別な存在であり続ける理由に迫る。

 なお、作中には、レオナルド・ダ・ヴィンチの数少ない絵画や、ミケランジェロの彫刻、ラファエロの絵画、ルーベンス、レンブラントなど世界中の至宝が高画質画像で登場するのも見逃せない見どころのひとつだ。

information

エルミタージュ美術館 美を守る宮殿

公開:2017年4月29日より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
監督:マージー・キンモンス
出演:ミハイル・ピオトロフスキー、レム・コールハース、アントニー・ゴームリーほか
配給:ファインフィルムズ
 
【20名を試写会にご招待!】一般先行試写会
日時:4月20日 開場18:30、開映19:00
※上映後に美術関係者による20分前後のトークイベントを予定
会場:ユーロライブ
募集人数:20人
応募方法:試写会参加ご希望の方は、お名前・ツイッター、フェイスブック等SNSアカウント(お持ちでしたら)・年齢を下記アドレスまでメールタイトル「美術手帖試写会参加希望」と明記しお申し込み下さい。
応募先:senden1@finefilms.co.jp
募集人数:20人 (おひとりずつでのご応募でお願い致します)
応募締切:4月11日
※当せんのご連絡は、4月12日までに当せん者様のみにメールにてご連絡をいたします。
※満席の際、及び開映後のご入場はいかなる理由でも、一切お断りいたします。予めご了承ください。
※鑑賞後ご自身のSNSやブログなどで映画ご紹介を宜しくお願い致します。
※個人情報はプレゼントの発送以外の目的では利用いたしません。
※当選結果はご招待状の発送をもって代えさせていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします