×
NEWS / EXHIBITION - 2018.1.30

金サジや髙橋耕平ら4名が、みずのき美術館の「アーカイブ」を「アーカイブ」する展覧会が開催

近年、所蔵作品のデジタルアーカイブ化を進めているみずのき美術館で、2月3日より「アーカイブ」に光を当てた展覧会「アーカイブをアーカイブする」が開催される。本展は3月25日まで。

金サジ

 1990年代に日本のアール・ブリュットの草分け的存在となった「みずのき絵画教室」。そこで制作された作品を所蔵する「みずのき美術館」では、2014年より、2万点近くの所蔵作品をデジタルアーカイブ化する取り組みが進められている。

 展覧会「アーカイブをアーカイブする」は、異なるメディアを用いる作家たちが、それぞれの視点で同美術館のアーカイブの様子を記録し、展覧会として構成したもの。参加するのは、写真家・金サジ、美術家・髙橋耕平、画家・田中秀介、写真家・麥生田兵吾(むぎゅうだ・ひょうご)の4名。

 「アーカイブ」を「アーカイブ」することを試みる本展で、「記録する」とはどういうことか、情報があふれる現代において、異なる記憶媒体がどのような可能性を持っているのかを探っていく。

田中秀介 寄ってたかって偶発寓意 2017 キャンバスに油彩 162×194cm

information

みずのきアーカイブのための展覧会
「アーカイブをアーカイブする」

会期:2018年2月3日〜3月25日
会場:みずのき美術館
住所:京都府亀岡市北町18
電話番号:0771-20-1888
開館時間:10:00〜18:00
休館日:月、火(祝日の場合は開館)
料金:一般 400円 / 大高生 200円 / 中学生以下 無料
参加作家:金サジ、髙橋耕平、田中秀介、麥生田兵吾

event

みずのき収蔵庫見学ツアー
日時:3月18日 11:00〜12:30
場所:障害者支援施設 みずのき
定員:10名(要予約)※1月17日より受付開始、申込方法はサイトを確認
 
ギャラリートーク
日時:3月18日 14:00〜16:00
場所:みずのき美術館
出演:髙橋耕平・田中秀介・金サジ・麥生田兵吾
聞き手:奥山理子(みずのき美術館キュレーター)、森太三(美術家・みずのきアトリエ講師・本展コーディネーター)
参加料:無料(入館料別途、申込不要)

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします