×
NEWS / EXHIBITION - 2018.1.12

石山哲也の個展が京都で開催。
古美術品の曖昧で不確かな「アイコン」を探る

陶芸技術を用いた作品を制作、発表してきた石山哲也の個展が京都・現代美術 艸居で開催される。会期は2018年1月12日〜27日。

石山哲也 Pharaoh 2017 金、プラチナ、 ストーンウェア 62×42×39cm

 石山哲也は1973年埼玉県生まれ、滋賀の信楽を拠点に中国の景徳鎮や香港、台湾、インドなどで活動し、象嵌、金銀彩、ガラスを水面に見立てた「水面晶」シリーズなど、高い陶芸技術を用いた作品を制作、発表してきた。

 本展は、自ら発掘調査に携わるほど古美術品への情熱を持つ石山が、その関わりのなかで感じた古美術品との埋まらない距離から着想を得たもの。古美術品の制作者が作品に込めた生活環境・宗教観・哲学などは、鑑賞者が手にするときには消失し、単なる美術品になってしまう。石山は今回作品を通じて、その距離を意識したうえでも魅了し続ける、曖昧で不確かな古美術に潜む「アイコン」を探求する。

 展示される立体作品の多くは、誰もが博物館で目にしたことのあるような歴史的な作品をモチーフにしているが、そのシルエットは摩耗し、金彩された凹凸のある表面に覆われ、本来の細部を失った姿になっている。しかしデフォルメされても、その作品は鑑賞者に慣れ親しんだ「アイコン」のイメージを喚起させるものとなっている。

information

アイコン

会期:2018年1月12日〜27日
会場:現代美術 艸居
住所:京都市東山区古門前通大和大路東入ル元町381-2
電話番号:075-746-4456
開廊時間:10:00〜18:00
休廊日:日、月(2018年1月14日は開廊)

event

レセプション

日時:2018年1月12日 17:00〜18:30

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします