担当キュレーターが語る「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」(藪前知子)

美術館の学芸員(キュレーター)が、自身の手がけた展覧会について語る「Curator's Voice」。第1回は、東京都現代美術館で話題の「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」を企画した藪前知子が、同展開催に込めた思いやその舞台裏を語る。

文=藪前知子

石岡瑛子 Photo by Robert Mapplethorpe
Eiko Ishioka, 1983 (C)Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.
前へ
次へ