AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2022.9.10

アートを通じてルーツに思いを馳せる旅。「ROOTS & ARTS SHIRAOI 2022-白老文化芸術共創-」を訪ねて

展示風景より、野生の学舎《ホロケナシー土地の記憶》。後ろは廃校に残る遊具の一部

閉校した旧森野小中学校。学校で焼き物をつくった記録も見つかっている。

野生の学舎《ホロケナシー土地の記憶》

展示風景より、青木陵子+伊藤存《となりの入口》

展示風景より、青木陵子+伊藤存《あの世の入口》

展示風景より、青木陵子+伊藤存《あの世の入口》

展示風景より、梅田哲也《回声》

展示風景より、梅田哲也《回声》。階段に上って見ることもできる。

展示風景より、鈴木ヒラク《白老セッション》

展示風景より、旅の写真

展示風景より、吉田卓矢《白老の夢》

吉田卓矢(左)の壁画完成を喜ぶ「スーパーくまがい」オーナーの熊谷威二氏

是恒さくら《回遊文庫》 。白老町立図書館の蔵書から鯨とイルカに関する資料を集め、是恒の選書と小冊子とともに紹介

「糸と布と物語」展示風景より、是恒さくら作品

「糸と布と物語」展示風景より、四辻藍美作品(右)

「糸と布と物語」展示風景より、iruinaiによるイヌイットの作品

展示風景より、香川軍男の作品

展示風景より、曽我英子《根曲り竹》

展示風景より、大黒淳一《光の矢を放つ》の舞台となっているアヨロ鼻燈台

展示風景より、大黒淳一《光の矢を放つ》

「ウイマㇺ文化芸術プロジェクト2022 歩いて巡る屋外写真展」より

「ウイマㇺ文化芸術プロジェクト2022 歩いて巡る屋外写真展」より

虎杖浜海岸

白老アイヌ工芸グループの展示風景。左手前は、アイヌ文様刺しゅうサークル「フッチコラチ」、右は「テケカㇻペ」の作品

前へ
次へ
4 / 24
前へ
次へ
編集部