AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2019.10.10

ゴッホはいかにして変化していったのか? 「ゴッホ展」に見るゴッホと印象派、ハーグ派との出会い

展示風景より、フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉》(1889)

展示風景より、手前はアントン・マウフェ《4頭の曳き馬》(制作年不詳)

展示風景より、手前は《農婦の頭部》(1885)

展示風景より、リトグラフの《ジャガイモを食べる人々》(1885)

2部の展示風景

展示風景より、《パイプと麦藁帽子の自画像》(1887)

展示風景より、《麦畑とポピー》(1888)

展示風景より、左が《糸杉》

前へ
次へ
3 / 8
前へ
次へ
編集部